teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/159 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

吹替の名作を観よう!(21)「続・荒野の七人」

 投稿者:かねごん  投稿日:2019年 5月18日(土)19時25分57秒
  通報 編集済
  久しぶりに。たまたまTVつけたらやっていたので鑑賞。
やっぱりユル・ブリンナーはかっこいいなぁ。

クリス〈ユル・ブリンナー〉:小林 修【FIX】
 ユル・ブリンナーのかっこよさと小林さんの声の渋さの二重奏。しびれる。
ヴィン〈ロバート・フラー〉:山田康雄
 やはり本人の声とは異質なのだが、存在感は抜群。
チコ〈ジュリアン・マテオス〉:曽我部和恭
 誰がやってもよかった感じ。曽我部さんらしさはあまりなし。
コルビー 〈ウォーレン・オーツ〉:木原正二郎
 目立つ役回りのはずだが、あまり印象に残らず。。
フランク〈クロード・エイキンス〉:渡部猛
 洋画吹替の印象なかったけどすごく合ってる!響きが心地よい。
ルイス〈ヴィルジリオ・テクセイラ〉:伊武雅刀
 七人の中では目立たない役だったが、声だけで存在感を主張していた。
マニュエル〈ジョーダン・クリストファー〉:村山明
 若造で誰がやってもOKな役。
ロルカ〈エミリオ・フェルナンデス〉:雨森雅司
 わかりやすい悪役演技。ちょっとアニメ寄りな軽さで、もう少し重さがほしかった。
ロペス〈ロドルフォ・アコスタ〉:若本規夫
 後年見せる若本さんらしさを出さずに、しっかり存在感を出していた。
ペトラ〈エリザ・モンテス〉:小宮和枝
 アニメ的な軽さを想像したが、思った以上に無難な演技。
神父〈フェルナンド・レイ〉:吉沢久嘉
 すさんだ空気の中で光となる神父がへぼいと興ざめになるところ、さすが。全体が引き締まる!
1976年5月31日、TBS。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/159 《前のページ | 次のページ》
/159