teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


フィルムカメラ

 投稿者:  投稿日:2017年 9月15日(金)20時42分21秒
  私も、前回、オーストラリアに行った時には、フィルム一眼も2台持って行きました。
当時、デジタル一眼が1台しかなく、フィルムカメラも活用しなくてはで。
ですが、たったの36枚、あっという間に無くなりました。
皆既中にフィルム交換もかったるく、肉眼で見ようと。

フィルムの方が、ラチュードが広いので、デジタルに無い良さが出るかもしれないのですが。
あの、、枚数の少なさは、デジタルになれてしまうと、、
です。

昔のカメラで、報道が使うようなのだと、長尺のフィルムを使ってましたよね。
 
 

フィルムカメラ

 投稿者:MARUKU  投稿日:2017年 9月15日(金)18時03分44秒
  keiさんお久しぶりです。アメリカ横断日食からまもなく1ヶ月になろうとしております。
私もアイダホ州レクスバーグにて雲1つ無い日食を見ることが出来ました。
フィルムのカメラにこだわって撮影し、焼き増しなどがやっとできましたので、郵送いたします。デジタルとは違った良さがあり、キレイかと思います。
デジタルカメラは便利ですね。現像・焼き増しの手間を考えると、スピードの今の時代に遅れている気持ちになります。
次回、行きやすいのは7年後のアメリカ縦断日食!かな?・・・デジタルにくじけそうです
 

コズミックフロントの謎

 投稿者:  投稿日:2017年 9月14日(木)20時35分3秒
  Rayさん、そうなんです。
コズミックフロント、謎なんです。

エルトシャンさん。
コズミックフロントを見ていただいて、ありがとうございます。
明らかに、変ですよね。

その後、調べてみたところ、古代のバビロニアでは、食は王の死だというのは、本当のようです。
月食が起ると、王は死ななければならない、か、殺されたらしいです。
月食または日食、なのかもしれません。
そうとなれば、死にたく無い王様は、当然、天文学者に日食、月食がいつ起るのかを、予測させるのでしょう。
当然?月食の予測が先に出来たようで、月食が起ると判ったら、王の身代わりを一時的な王にして、月食が起った後、身代わりは殺され、元の王が王に戻ったらしいです。

今では、信じられないような事ですが、それが、日食、月食を予測するのに、大いに役立ったのですね。
サロス周期、まずは月食の記録から発見されたようです。
その後、日食も同じ周期だと、気づいたのでしょう。

しかし、「18ヶ月ごとに、世界の何処かで皆既日食が起る」というのは、おかしいです。
何を間違えてしまったのでしょうね?
 

サウジ

 投稿者:  投稿日:2017年 9月14日(木)20時24分0秒
  うみほしさん。
なるほど、サウジアラビアの方が、カタールよりさらに、厳しいのですね。
UAEあたりなら、観光地ですから、入国は簡単そうですが、海の方向が逆だし。

グアムあたりの方が、無難かもですね。
 

コズミックフロント

 投稿者:エルトシャン  投稿日:2017年 9月13日(水)18時24分3秒
  NHKオンデマンドでコズミックフロント見てみました。
すると、古代バビロニア時代にサロス周期が発見されて、その周期は18カ月と言っていました(テロップ上も音声も)(鷲さんの言ってた通りでした)。

NHKのサイエンス班がこんな初歩的なミスを犯すこともあるのだなとちょっとびっくりしました(笑)

皆既日食にあまり興味がないことがバレバレですね(笑)
 

サウジは困難でしょう

 投稿者:うみほし  投稿日:2017年 9月10日(日)20時05分36秒
編集済
  鷲さん

 もちろん日の出の金環を狙うならサウジがいいです。残念ながら現在のサウジは観光ビザを出していません。
 イスラム教徒の巡礼か受け入れ先のあるビジネス目的しか入れません。どこかの旅行会社がツアーを発売すれば別ですが,そういう酔狂な会社はなかなか出そうに無いですね。そこで次点でカタールとなったわけです。

https://umihoshi.com

 

まだまだ余韻ですね

 投稿者:Ray  投稿日:2017年 9月10日(日)17時35分14秒
  Keiさん。皆さん。
日蝕遠征のお疲れさまの様子もなくお帰りなさい。
まだまだ熱い思いが漂っていますね。
私は、黒点観測をしていました。
日蝕の翌日、宇宙ステーションからの日蝕がニュース番組で出ていました。
あの黒い影の中でKeiさんや皆さんがダイヤモンドリング見られていたんだなあと羨ましいかぎりでした。
季節は秋らしくなって朝晩は、ひんやりです。
これからも身体大事にね。

鷲さん、私は、ここで日蝕の勉強をさせてもらいました。星空や太陽いろんな方々に教えていただきました。
疑問の謎解きは、宝物ですねσ(^_^;)?
 

次の日食

 投稿者:  投稿日:2017年 9月10日(日)10時53分19秒
編集済
  子供のころ、日食や月食の仕組みが判った後の、最初の疑問は、何故、新月や満月の時に、毎回起らないのだろう?
でした、地球と月の軌道が傾いているから、毎回は起らないと言う事を理解する方が難しかったかも。
2012-2050までの、データブックの一覧を見ましたが、日食は部分日食を含めると、毎年必ず起ります。
逆に、月食の方が少ない。
月食は、半影月食まで含めると、ようやく、毎年起る事になりますが。
半影月食を月食と認めて良いかどうか?疑問なところですよね。
肉眼で見ても、ほぼ判らないですから。
写真に撮ってみて、なんか、この辺が暗いみたい、という感じですから。
昔は、月食に含まれてなかっただろう、と思います。

先日、星関係の知り合いと,ちょいと話ししまして。
その方は、2009年の皆既日食を、中国の杭州市で観測できたそうです。
上海やトカラ列島など、ほぼ全滅だった時に、杭州市では見れたそうです。

ケアンズや、今回のアメリカへは行かれなかったようで、
「1回見れば十分ですよ。」だって。
蝕中毒の病原菌に耐性をお持ちのようでした。

しかし、うみほしさん。
金環日食に海外まで遠征するとなると、重度の蝕中毒ですよ。
と、書きながら、2019年の金環日食、みるならシンガポールかな、と思っていましたが、まともな金環日食では面白く無いという、うみほしさんの考え、判りました。
カタールか、グアムで水平線ギリギリ金環狙いですか。

カタールは、2022年にサッカーのワールドカップ開催が決まっていますから、それまでには、関係改善するだろうと思いますが、それより前ですね。
ギリギリ狙うなら、カタールより西のたぶんサウジアラビア領のあたりは、どうなのでしょう?


あと、2020年の金環日食は、どんななのでしょう?
かなり、皆既に近い、食分 0.997 ~ 0.994 くらいらしく、帯も狭く、時間も短いようです。
さすがに、1948年の礼文島、0.999 1秒 の金環には及びませんが。
台湾あたりが良いか。
グアムがギリギリで帯に入っていないので、これならグアムから船が出そうな感じもします。
グアムから船が出れば、日没ギリギリのホッソイ金環になると思います。
 

お天気バラエティ

 投稿者:  投稿日:2017年 9月10日(日)09時31分38秒
編集済
  さやまBさん、昨日録画したのを、只今見ました。

大阪のテレビ局の制作のようで、もしかしたら新潟では放送しないのかも、と思い、番組表を探しましたら、何故か、生放送ではなく、午後4時からの録画放送ながら、放送されました。

出演された、母娘さんの、お母さんが同僚なのですか。
しかし、それまで晴れていたのに、皆既の間だけ大きな雲がかかったのですね。
残念でした。

これに懲りずに、また、挑戦してください、とお伝えください。

 

Re:お天気バラエティ

 投稿者:エルトシャン  投稿日:2017年 9月 9日(土)23時42分38秒
  今日放送されたお天気バラエティ見ました。
ナッシュビル都心部は本当に皆既中はほぼ雲にやられていたのが確認できました。
自分はギャラティンに退避して難を逃れましたが、皆既日食は本当に運(雲)との戦いなのだと痛感させられました。
ギャラティン都心部組の皆様は7年後に再度北米でのリベンジに成功されることを切に願います…
 

レンタル掲示板
/270