teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


月の出月食

 投稿者:もくせい  投稿日:2021年 4月11日(日)13時00分17秒
  ご無沙汰しております。
星ナビを購入しました。
来月末ですが、久しぶりの皆既月食がありますね。
さそり座のアンタレス近くで赤い月になるので、楽しみですが、継続時間が短いのが難点です。
時期的に走り梅雨にかかるのも気がかりです。
近くで撮影したいのですが、どうなるかですね。



 
 

今年も宜しくお願いします

 投稿者:kei  投稿日:2021年 1月 3日(日)20時08分1秒
  皆さま、あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。元日に出勤したので新年のご挨拶が遅くなりました。

Facebookには社屋で撮影した初日の出をupしています。アカウントをお持ちの方はご覧ください。またそうでない環境の方は、以下の弊ブログで初日の出を見られるようにしていますのでこちらもご覧ください。

さて2021年は、6月10日にカナダのハドソン湾南部からグリーンランド北西部を通って東シベリアを通過する金環日食と12月4日に南極半島の付け根を通過する皆既日食が見られます。

両方とも極地方の日食で、特に南極での皆既日食遠征は費用的にも難しくなります。こちらは沿岸に浮かぶ島と海が曇られる予報となっていて、南極大陸に上陸しないと皆既日食が見られない予報が出ています。

その皆既帯に唯一飛行機で行ける滑走路(Union Glacier Blue-Ice Runway)がありますが、そこは皆既帯の北限界線に近く44秒しかコロナが見られないそうです。

イッテQに出演しているイモトアヤコさんが南極最高峰登頂のため、この地を訪れています。TV番組の壮大な企画だから行けたのであって、我々には高すぎてとても費用が捻出できません。

それ以前にコロナ禍で遠征が叶わないので、何とかコロナ禍が終息するよう祈るのみです。

ゲンジ丸さん、本当にタイミング良く遠征できて良かったですね。
弘前に近いところに住んでいるのですか?ひょっとして青森県人でしょうか?
少なくても津軽弁は通じる方のようで良かったです。
弊サイトの姉妹サイトで城下町弘前の桜とねぷたと言うサイトも運営していますので、お時間のある時にでもご覧いただければ幸甚です。

正直この時期は田舎に帰りたくなくなります。普段ですと雪かきの大仕事が待っています。
ところがコロナ禍で一昨年のねぷたまつり以来、帰省が叶わないのでニュースで見る以外の故郷の様子は分からないのです。

もくせいさん、しばらく数年は蓄財の年になりそうですね。
先月の木星と土星の大接近で惑星撮影にも開眼したような気がしますが、身の程をわきまえて撮影ライフを送ります。
少なくとも2023年4月20日の豪州西北部で見られる金環皆既日食の皆既側で、久々の皆既日食を見てみたいものですね。
東チモールの方が皆既継続時間が長くなるのですが、熱帯雨林気候で常に雲や雨にさらされると思うので再来年の遠征先は決まったようなものです。

それでは皆さん今年もコロナ禍に負けず、お元気でお過ごしください。

https://ameblo.jp/megomegoco/

 

明けましておめでとうございます。

 投稿者:ゲンジ丸  投稿日:2021年 1月 3日(日)13時15分44秒
  皆様、今年もよろしくお願いします。

今年の目標:日食遠征しないこと!笑
各国でコロナ感染者数が激増しているため、これからは帰国後の2週間隔離が厳密に実行されてしまうようですね。
後から振り返れば、2週間隔離の免除制度があるくらいボーダーコントロールがゆるい時期で、ちょうどいいタイミングの皆既日食遠征2020になりました。
とりあえず、2023年の遠征に向け、蓄財に勤しみます。

keiさん
私の居住地はkeiさんの実家にほど近い地域です。
今シーズンは北陸が雪でヤバいようですが、東北も(久々の?)例年並みの雪になっています。
帰国直前あたりからしばらく雪続きで、除雪など、生活する方は大変ですが、
スキー場はしっかり営業できてほしいですね、昨シーズンが雪不足で悲惨だっただけに…
 

謹賀新年

 投稿者:もくせい  投稿日:2021年 1月 1日(金)00時01分2秒
  本年もよろしくお願いいたします。  

海外移動不可、夏場天候不順の2020

 投稿者:もくせい  投稿日:2020年12月31日(木)22時20分51秒
  ご無沙汰しております。

今年のキーワード?は題目に尽きると勝手に思っています。
そんな2020年も数時間で終了。
1年前は某ゴーン氏がこっそり日本を脱出というのがニュースになっていたような・・・

今年は強制的に蓄財の年になってしまいましたが、来年は金環・皆既共に極地方のため、引き続き蓄財の年になりそうです。
その代わり、2回の月食があるので、両方共に拝みたいです。
数サロス前は、両方共に皆既月食だったために、来年は過渡期と考えても良いですね。

それでは皆さん、良いお年を。
 

遠征不可の2020年

 投稿者:kei  投稿日:2020年12月30日(水)21時52分5秒
  皆様、今年も明日のみとなってしまいました。
今年の2月くらいからコロナ禍で身動きが取れなくなり、海外へ遠征はおろか青森県弘前市の実家にも帰省できなくなりました。
元々インドアの生活なのでコロナ禍でも生活は苦になりませんが、南米アルゼンチンの皆既日食遠征が不可能だったことは今年一番の心残りです。

弊ブログにシェアしていますが、今回の皆既日食も見事なプロミネンスが出ていました。遠征して撮りたかったです。

ゲンジ丸さん、無事に帰還されて良かったですね。新潟県が拠点ですか?
コロナ禍では弊社の人間が海外へ遠征するとなると、PCR検査で陰性であっても2週間は出社を禁じられているので遠征への願いはハナから叶わなかったです。

うみほしさん、ご無沙汰しております。
木星と土星とそれぞれの衛星が実にクッキリと映っていますね。
動画からキャプチャーした画像をFacebookにupしていますが、写真では土星の輪が潰れてしまいます。
Photoshopで何とか修正しましたが、赤道儀を導入しないといけないレベルですね。
今年初めにスカイウォッチャー ソーラークエスト705 太陽望遠鏡を購入しました。
木星と土星の大接近に備えて太陽望遠鏡を取り外して撮影しようと思ったら、AZ-GTiに付いている太陽望遠鏡がどうしても取り外せなくて泣く泣く三脚固定撮影になりました。
昨日スカイウォッチャー AZ-GTi マウントをヤフオクで落札したので、次回の撮影に備えようと思います。

木星と土星の大接近で撮影した動画や10月に撮影した十四夜は上手く撮影できたので、Nikon COOLPIX P1000での撮影が中心になると思います。
スカイウォッチャー AZ-GTi マウントが好調なら、今後は惑星の撮影に挑戦しようと思います。スマホで惑星などが自動導入される優れものの赤道儀だそうです。

ちなみに掲示板の写真を昨年暮れにグアムで撮った部分日食中のグリーンフラッシュに差し替えました。
これ以降の撮影は拡大しすぎて被写体がボケてしまったので、これが最良のシーンで撮れた写真です。
グアム島もコロナ禍で大変な打撃を被っています。基本的にコロナ禍でなければ日食が起こらないと海外へ遠征しないので、何とかグアムの経済が立ち直ることを期待します。

ここまで書き込みを見て下さった方々、ありがとうございます。
長々と長文、失礼いたしました。それでは皆様、来年も良いお年をお迎えください。

https://ameblo.jp/megomegoco/

 

木星と土星の画像公開しました

 投稿者:うみほし  投稿日:2020年12月28日(月)07時21分12秒
  私のサイトで、12月17日から22日にかけての、木星と土星の接近の写真と記事を公開しました。
https://umihoshi.com/index.php?QBlog-20201224-1
です。ご笑覧ください。
 

無事帰還しました。

 投稿者:ゲンジ丸  投稿日:2020年12月23日(水)00時46分0秒
  紆余曲折ありながらも、無事帰宅しました。
keiさんはじめ、皆さまありがとうございました。
FacebookのSolar Eclipse Chasersのグループに写真を投稿しました。見られる環境の方はどうぞ。
(Facebookではこのハンドル名ではありません)

この旅で一番キツかったのは、やはり成田空港まで/からの往復1000km超のソロドライブ。
帰国後は関越道が立ち往生するくらいの雪になってて、出国前の秋の余韻は何処へやら。
おかげさまで、14日間の隔離もしなくてよく、即仕事に復帰しました。
ただ、時差ぼけには苦しんでおります。

そして本日は木星土星の大接近を撮影しました。
皆既日食用カメラを使いましたが、土星の輪すら判別できないほどの荒い解像度でした。
やはり望遠鏡がないと厳しいですね。
 

約400年ぶりの大接近

 投稿者:kei  投稿日:2020年12月22日(火)22時18分52秒
  事前にマサ様に告知していただいたお陰で、無事に木星と土星の大接近が撮れました。
12/21は明け休みで12/22は休みだったので、撮影にはちょうど良かったです。
Facebookには既に画像をupしているのですが、マサ様にはメールで添付します。

結構寒さがきつくて、青森県弘前市生まれの私も暖房をつけて丹前をジャケットの上から羽織らないと撮影できなかったです。
更にマフラーとロシア帽をかぶり、靴を履いてベランダで撮影しました。
これでますます年賀状の印刷が遅くなります。何とか12/25までには投函したいと思います (>_<)

https://ameblo.jp/megomegoco/

 

木星と土星の大接近

 投稿者:マサ  投稿日:2020年12月22日(火)22時08分41秒
編集済
  12月21日、22日両日とも天気もよく、
絶好の木星土星大接近観測日和でした。
木星横縞、四大衛星、土星の輪、タイタンが
1つの画面に入ってとてもにぎやかな画でした。
天体望遠鏡で一度に二大惑星を見られること自体、
奇跡的で、信じられないことでした。
 

レンタル掲示板
/281