teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


18ヶ月ごとに皆既日食?

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 7日(木)07時43分17秒
  先日放送された、コズミックフロントのアメリカ皆既日食の特番で、サロス周期に関する解説も有りました。
その中で、「18ヶ月ごとに皆既日食が起る」などという周期を言っていた?
おいおい、18ヶ月じゃなくて、18年と11日だろう、と思って見ていたら、次にその周期を言いました。

「18ヶ月ごとに皆既日食が起る」などという周期は、今まで聞いた事ないし、今の現実として、そんな周期にはなってません。

たまたま、サロス周期を発見した当時、たまたま、そうゆう周期で起ったのか?
それとも、コズミックフロントが、何か間違えたのか?

どなたか、ご存じですか?
 
 

山火事

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 6日(水)23時24分55秒
  昨日、今日の航空写真を見ると、オレゴン州やワシントン州の山火事が酷くなったみたいです。
一面、煙に覆われているような。
私らの、皆既日食の時にこんなでなくて、良かったです。

晴天率は良くとも、こんなことになっちゃうのですね。


ルクソール、、、難しそう。
治安も心配ですね。
2024のアメリカ縦断が、ナイアガラの滝も通るのですよね。
最初おーっ、是非ナイアガラへと思いましたが、当然?ホテルの宿泊料は高騰して、人でごった返しそうですから、別の所にした方が良さそうに思えてきました。
 

ありがとうございます

 投稿者:うみほし  投稿日:2017年 9月 4日(月)13時41分45秒
  エルトシャンさん
 ありがとうございます。

 ルクソールだと遺跡の中から見上げて見るのが良さそうですが、大勢押し寄せる中でそんな観測ポジションが取れるのかがまず問題だろうなと思います。そういうロケーションをあれこれ考えるのが私の日食の楽しみ方になっています。
 

Re

 投稿者:エルトシャン  投稿日:2017年 9月 4日(月)12時39分38秒
  うみほしさん

ブログ見させてもらいましたが、写真が素晴らしかったですね。臨場感あふれていて感動しました。よいブログ記事を書いてくださってありがとうございます。

太陽高度に関してはなるほどと思いました。確かにこちらは天頂付近での皆既となったので周囲の景色と皆既中の太陽を映しこむのは難しい状況でした。確か、10年後のルクソールの皆既(2009年のトカラのサロスの次ですね)も天頂付近だったと思うので、ピラミッドと皆既中の太陽を同じ構図に映しこむのは難しいのかなとも思いました。

大変参考になる記事ありがとうございます。
 

オレゴンを選んだわけ

 投稿者:うみほし  投稿日:2017年 9月 4日(月)06時38分40秒
編集済
  私も鷲さんと同じ考えで天候条件でオレゴン州を選択しましたが,もう一つ理由がありました。それは皆既時の高度です。アメリカ中部・東部だと確かに皆既時間が長いですが,反面昼頃の皆既なので高度が高いから地上の風景と合わせにくいなあと考えたのです。
 そこで出来るだけ朝方の時間帯で,しかも天候も良さそうということでセーラムよりもマドラスを選択しました。太陽高度だとオレゴン海岸~セーラムですが,天気も考えるとマドラスを第一候補としました。あとは交通手段が無いので必然的にレンタカー移動。中継地点として,友人一家が借りたマウントフッド山麓のロッジも使うということになりました。帰りの渋滞で難儀したので,このロッジの存在は大変ありがたいものでした。最善を尽くして手は打っておいても,何が幸いするかわかりませんね。それも旅の楽しさです。
 私のサイトで今回の旅行記が完成しました。よろしければご笑覧ください。

https://umihoshi.com

 

観測地の選定その2

 投稿者:エルトシャン  投稿日:2017年 9月 3日(日)20時32分5秒
  鷲さん

皆既日食においては天候は運の要素が絡みますが、ベースの晴天率をチェックしてそれがいいところを選ぶことによって不確実要素を極力減らすことは大事な事だと思います。

そして中心線や最大皆既点にどうしても目が向かいがちですが、例え限界線に近くなってしまったり、最大皆既点から離れてしまったとしても天気が良いところを選ぶ方が勝率が高くなることは過去の事例を見ても明らかですね。

皆既日食観測では本当に天候が全てと痛感させられました。

山脈を挟むと天候が変わるのはテネシーでも同じでした。テネシーにはグレートスモーキーマウンテンという有名な国立公園・山岳地帯がありますが、それを挟んで内陸側と東海岸側ではまるで天気が違うことが少なくないらしいです。
ですので、ナッシュビル付近で観測を予定していた人たちは、本来グレートスモーキーよりも東側に最悪遠征する覚悟で準備しておく必要があったのかもとも思います。自分もその覚悟は一応はしていました。

鷲さんの観測地選定は非常に理に適っていると思います。大変参考になりました。7年後の北米皆既の際に参考にさせていただきます。ありがとうございます。
 

観測地選定

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 3日(日)18時15分53秒
  確かに、運、なのでしょうけど。
天気予報とレンタカーが、その運を味方にする道具ですね。

私らが行った、マドラスが、皆既時間2分2秒くらいだったのに対して、ホプキンスビルやギャラティンでは、2分40秒くらい有ったのですから、確かに、それは魅力的ですが。

私は、アメリカ大陸の衛星写真眺めて、マドラスは砂漠ですから、晴天率は間違い無く高いと。
皆既の長さよりも、晴天率にかけました。
さらに山脈をはさみますから、セイレムとかなり天候が違う可能性があると思いました。
(山脈をはさむと、天候がまるで違うのは、ケアンズで経験済みだったので。)
当日の天気予報を見ながら、両方晴れなら、マドラス。
もしも、マドラスの天気が悪そうなら、セイレムへも行けると。

前日の予報で,両方とも、天候問題なさそうと言う事で、予定どおりマドラスでした。
(今回は、どちらでも晴天だったようです。)
 

観測地選定

 投稿者:エルトシャン  投稿日:2017年 9月 3日(日)17時16分19秒
  私の場合はナッシュビルの都心部に泊まり、その周辺の科学館や野球場などの観測イベントもチェックしつつ、前々日くらいから時間帯別天気予報をテネシーからケンタッキーまで中心線にこだわらず広域に調査しつつ観測地の選定を行いました。
元々は中心線に近いギャラティンを第一候補にはしてきましたが、そのほかクックビルやマディソンビル、クロスビルなど車(レンタカー)で移動できる範囲内で最悪第一接触を捨ててでも皆既を晴天下で臨める場所を当日朝まで探していました。と同時に各地の観測イベントで予約不要のところをひたすら調べていました。
最終的にはナッシュビルに近いギャラティンの天気が良さそうなので(当日は第三接触の1時台のみ曇りという地区が多かった)予定通りギャラティンに決めました。この近辺ではヘンダーソンビルやホプキンスビル(回帰最大点近辺)も人気で日本人が見にきてたとのこととでしたが、こちらも晴れていたとのことです。
皮肉にも最も多くのイベントが開催され、多くの人が集まったナッシュビル都心部のみが皆既の時のみ雲にやられたようでした。
ほんと、綱渡り、薄皮一枚で雲を逃れることができた感じとなりましたね…、日食は運の要素が大きいですね。
 

ギャラティン

 投稿者:はりきりくん  投稿日:2017年 9月 3日(日)16時08分18秒
  エルトシャンさん
ギャラテンはどこで観察してもゆったりと観察ができて正解だったようですね。
事前に混雑するとおどされていたのが、効いたのかもしれません。
個人、ツアーともに日本人に会うことは無かったです。

鷲さん
ナッシュビル空港のホテルに泊まり、レンタカーで移動しました。
数日前からナッシュビルおよびその近郊の天気予報を見ていましたが、毎日コロコロ変わるので其の度に行き先を検討していました。
最終的には、第一目標のギャラティンにして良かったです。
 

レンタカー?

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 3日(日)12時59分16秒
  エルトシャンさんと、はりきりくんさんは、お二人とも、ナッシュビルに泊まられて、当日の天候を見ながら、レンタカーで、ギャラティンまで移動されたのですか?

ナッシュビルでは、ほとんど見られなかったようですから、当日の移動手段のレンタカーを確保していて、大正解だったのですね。
 

レンタル掲示板
/269